PUNK SPIRIT!

最高に"PUNK"なビールたち。

HEADLINER BEERS

PUNK IPA

パンクIPA

ALCOHOL 5.4%

他の追随を許さない孤高のPUNK IPA

PUNK IPAは、BREWDOG誕生のきっかけを作ったビール。この軽やかな黄金色のクラシックビールは、新世界のホップを使って爆発的な風味を生み出した。グレープフルーツ、パイナップル、ライチのようなトロピカルフルーツとキャラメルの香りが漂い、最後にスパイシーな苦味が残る。このビールがすべての始まりであり、未だ終わりはない...。

  • CAN

    (容量330ml)

  • BOTTLE

    (容量330ml)

  • KEG

    (容量20L)

ELVIS JUICE

エルビス・ジュース

ALCOHOL 6.5%

ブリュードッグの新たなIPA

ホップとシトラスのフレーバーの研究を重ねて造り上げた、フルーティなIPA。
ホワイト&ピンクグレープフルーツやブラッドオレンジのフルーティな香りと、マイルドな苦味にグレープフルーツのような酸味のある後味が特徴。

  • CAN

    (容量330ml)

  • BOTTLE

    (容量330ml)

  • KEG

    (容量20L)

HAZY JANE

ヘイジー・ジェーン

ALCOHOL 5.0%

ニューイングランドIPA

苦味を抑えることで、ホップ由来の爽やかなフルーティさがよりダイレクトに感じられる、スムースな飲み口が特徴のニューイングランドIPA。
無濾過で濁りをそのまま残し、モルトとホップの旨味を余すことなく閉じ込めることで、パイナップルやマンゴー、タンジェリンなどのアロマが華やかに広がる。

  • CAN

    (容量330ml)

  • BOTTLE

    (容量330ml)

  • KEG

    (容量20L)

※缶のデザインは予告なく変更となる場合がございます。

"PUNK"なビールへのこだわり

ブリュードッグは、クレイジーなほどのこだわりと情熱を注ぎ込んでビールを完成させる。採算を度外視して、至高のビール造りに挑戦し続けている。

INGREDIENTS

PUNK SPIRITを詰め込んだ原材料

ブリュードッグでは、最先端の技術とプロセスを採用しているが、水、麦芽、ホップ、酵母という4つの基本的な要素がなければ、なにもできない。
これら醸造の基礎となるものは、ブリュードッグのビールにおける非常に大切な構成要素だ。
素晴らしいビールを造るには、これらの原材料を緻密に調整し、バランスを取りながら醸造する必要がある。

  • WATER

    〈水〉

    ビールのもっとも土台となるもの。

    水の特徴によって、各国のビール産業を形成するぐらい、水はビールに大きな影響を与える存在だ。

  • MALT

    〈麦芽〉

    水が土台なら、麦芽は骨組みである。

    麦芽は、大麦、小麦、ライ麦、オート麦など、我々が使用している穀物の総称であり、味、香り、泡、液色などに影響を与えるブリュードッグの源だ。

  • HOP

    〈ホップ〉

    ホップが世界を明るくする。

    ホップは、ビールが「苦い」「柑橘系の香りがする」「フルーティな味わいがする」などと感じられる理由だ。我々は、クラフトビールに使用する最高品質のホップを求めて、いつも世界中を探し回っている。ホップがなければ、我々はなにもできない。

  • YEAST

    〈酵母〉

    これがなければ、なにも始まらない。

    酵母が麦芽から糖分を取り込んでアルコールに変えることで、独特の風味が生まれる。酵母それ自体が、我々の醸造所だと言える。

HOW WE BREW

クレイジーなほどの情熱を
注ぎ込んだビール造り

ブリュードッグでは、我々と同じように素晴らしいビールに情熱を注ぐ人々を増やすことを使命としている。
ブリュードッグが大切にしているのは、世界クラスのビールを造ること、つまり人々の心を揺さぶり、革命を起こすような特別なビールを造ることだ。

  • MASHING

    〈マッシング〉

    素晴らしいビールが生まれる第一歩。

    麦芽と熱湯を混ぜるのがマッシング。ここからが化学反応(まさに魔法)の始まり。熱湯が麦芽に入り込み、中にあるデンプンが露出し、このデンプンが、麦芽の持つ酵素によって糖分に変換。この糖分は、後に酵母がアルコールを生成するための食物として使用される。

  • LAUTERING

    〈ろ過〉

    麦汁がビールになるための旅の始まり。

    最初のうちは、穀物の殻などが残っているため、麦汁は濁っている。この麦汁をろ過して、ビールになるための準備を始める。ろ過をして、麦汁が澄んできたら、いよいよ加熱へ進む。

  • BOILING

    〈煮沸〉

    風味の決め手となるホップを投入。

    麦汁をケトルと呼ばれる容器の中で、加熱する。その時間はビールのスタイルによって異なる。この段階からビールに触れるものはすべて無菌でなければならない。だから、ビール醸造家は清潔好きなことで有名だ。煮沸は、一般的にホップを添加する段階でもある。早めにホップを入れると苦味が強くなり、後半にホップを加えると、アロマやフレーバーが強くなるのだ。

  • FERMENTING

    〈発酵〉

    酵母が生命を吹き込む。

    煮沸が終わると、麦汁は冷却され、発酵槽に移送される。主役になるのを待っている酵母が投入され、麦芽由来の糖分という豊富な食料を得て、麦汁にアルコールという命を吹き込む。酵母は驚異的な速さで糖分を食べ、繁殖し、排泄する・・・まさにパーティー状態だ。
    この発酵工程でも、醸造家は完全にリラックスすることはできない。温度変化やエサがなくなると、酵母はストレスを感じるので、どのくらいの期間、酵母に働いてもらうかを判断しなければならない。

  • CONDITIONING

    〈熟成〉

    ビールの状態を整える時間。

    酵母は落ち着き、不要な化合物の一部を再吸収し、仕事とともに寿命を終える。(なんということでしょう!)醸造工程の最終段階である熟成の目的は、ビールのアロマとフレーバーを時間をかけて発展させ、丸みを持たせることである。熟成の段階は、数日から数ヶ月、あるいは数年かけて樽の中で行われる。醸造所は、すべてがピークに達するのに必要な期間、ビールを保存する。醸造所で満足できる品質が完成すると、ビールはパッケージングされる。

  • PACKAGING

    〈パッケージング〉

    あとは、ビールを皆さんにお届けするだけ!

    ブリュードッグでは、ビールを缶、ボトル、ケグ(樽)にパッケージングして出荷する。皆さんがビールを開けてグラスに手を伸ばしたとき、我々が求めるフレーバーが感じられるように、ビールを冷やして運んでいる。そして、我々は新たにマッシングから始めて、また同じことを繰り返していく。
    Cheers!

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。

20歳以上ですか?